スタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会

もうすぐ春ですね。恒例の歓送迎会を行いました。今回は谷町六丁目の鶏屋國型製作所という焼き鳥屋さんでした(^^)
落ち着いた和の雰囲気のお店で主役の方々が集まったところでスタートしました。

副院長 梅谷 麻央

H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
幹事のお2人が進行してくれました。
主役の方は1人ずつ自己紹介。育児休暇中の衛生士さんも今回は出席してくださりお子さんとそろっての参加です。キッズの姿もちらほら。
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会
H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会

終盤では退職するスタッフに、はなむけの言葉を贈る院長の姿も…

H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会

最後に集合写真を撮影しおひらきとなりました。
新しく入られた方はやまだの雰囲気をわかってもらえたのではないでしょうか??春からもがんばっていきましょう。スタッフがサポートしますよ(^^)
そしてとり料理のおいしかったこと・・・!!!
院長ありがとうございました(*´ω`*)

副院長 梅谷 麻央

H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会

H29.3/7(火) Dr 懇親会

やまだ歯科医院にキューバ出身のDrが勉強に来られました。
キューバで歯科医師としての経験を積み、日本にやってきて日本の歯科医師免許を取得後、現在さらに研鑽を積んでいるそうです。
この日は火曜日に来てくださっている口腔外科専門の先生のもとで〝舌の違和感″についてのケースや抜歯のアシストについてもらいました。
とても勉強になりましたと言っておられました。
診療後は市内で開業されている先生方もまじえてお食事に行きました。キューバの歯科治療のお話が興味深かったです。
とても勉強熱心で将来は日本で開業を目指す努力家な姿に刺激を受けました。また機会があればやまだ歯科医院に来てくださいね。

副院長 梅谷 麻央

H29.3/7(火) Dr 懇親会

H29.3/12(日)セミナーに参加してきました。

先日セミナーに参加してきました。大阪大学大学院臨床教授の木ノ本喜史先生による「痛み」についての考え方をメインにご講演をいただきました。

歯科医院には「痛み」を抱えている患者さんが毎日のようにやって来られます。状態によっては痛みが続くこともあります。

「なぜ痛いのか?」

「痛みはどのように伝わって痛みとして認識するのか?」

「昨日は痛かったけど今日は痛くない」(⇐経験のある方も多いのでは・・?)よくある現象をエビデンスに基づいて解説して頂きました。

説明のしかたや痛みに対しての考え方に触れることができました。

今後も患者さんへの「わかりやすい説明」と痛みの軽減に役立てていきたいと思います。

副院長

H29.3/12(日)セミナーに参加してきました。

H29.3/11(土)「診療所看護師のための糖尿病~食事療法・薬物療法の知識」研修会に参加してきました。

皆さんこんにちわ
私は、3/11(土)医療法人 真貴会 池田医院 院長による
「診療所看護師のための糖尿病~食事療法・薬物療法の知識」がテーマの研修会に参加して参りました。

これは、診療所や小規模病院の看護師さん向けに大阪府医師会が主宰されたものです。
まずは糖尿病の診断基準が2012年に変更されHbA1c値が追加されたこと、判定区分と判定基準について、
また血糖コントロール目標について!!
治療目標は、年齢、罹病期間、臓器障害、低血糖の危険性、サポート体制などを考慮して個別に設定します。

次に、糖尿病の食事療法についてです。
食事療法の基本、適正エネルギー量の計算式、バランスの良い食事の取り方などの話があったのですが
個人的に「おおっ」と思ったのは血糖値を上げやすい食事の表を見た時です。

H29.3/11(土)「診療所看護師のための糖尿病~食事療法・薬物療法の知識」研修会に参加してきました。

高脂肪食はゆるやかに血糖値を上げていき下がりにくいのです。
夜遅く食事を摂る、また食後のデザートや風呂上がりのアイスクリームなどは
朝の血糖値が上がり、また下げるのを邪魔するんです。
池田先生は20時以降はリスクが高いと言われていました。
それから、やはり1日3食よく咬んでゆっくりと野菜を先に食べ、炭水化物は最後がいいんですね。

池田先生のクリニックでは、食品交換表を利用し、栄養士さんが食事指導をされています。
血糖値のあげやすい食品、あげにくい食品を知り、上手な摂り方や量を把握します。
高齢者の方では、サルコペニア(筋肉量の減少)フレイル(加齢に伴う機能低下による要介護の予備軍状態)に
なりやすいので、低栄養にならないように十分なエネルギー量とたん白質をとり、適切な血糖コントロールをしていきます。

1日の適正カロリーを単位に変換
自分の適正カロリー ÷ 80㎉ =1日の指示単位

薬物治療においては、すぐにインスリンが必要かどうかを考え必要ならば病態に合わせた投薬となります。

食事療法・運動療法→血糖コントロールが不十分な場合→治療の増量または他剤との併用

糖尿病は合併症がこわい病気です。
自分は大丈夫と過信せず、毎日の食生活を見直し、改善点があればすぐ実行、体重と血圧の管理は大事だなと思いました。
わかっていてもできない人からできる人になっていきます!!

檜山DH

H29.2月 スタッフ誕生日

先日誕生日を迎えられたスタッフのお祝いをしました。
日にちが近かったので2人いっしょにお祝いしました。
“愛媛’s HAPPY BIRTHDAY”とかかれたモダンなケーキですよね。
お2人とも愛媛県のご出身なんだそうです。(おいしいみかんの差し入れをいつもありがとうございます(^^♪)
家庭のこともしながらやまだ歯科を支えてくださり毎日感謝しています^^
ろうそくも仲良くふう~~っ。おめでとうございます☆

H29.2月 スタッフ誕生日
H29.2月 スタッフ誕生日
H29.2月 スタッフ誕生日

H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!

★ 医療法人発達歯科会 おがた小児歯科医院様 ★
前理事長の緒方克也先生が37年前に開業されましたが、緒方先生は、現在は「社会福祉法人 Joy明日への息吹」の理事長をされ
緒方先生の思いを受け継ぎ、石倉行男先生が理事長をなさっています。

石倉先生は小児科専門医であり障がい者歯科指導員でいらっしゃいますので、歯科麻酔医の先生と共に日帰り全身麻酔治療等を
行っていらっしゃいます。
大学病院や医療センター等でなく、一般の歯科で全身麻酔治療を行っているのは、
保護者様にとっては、身近にそんな歯科があるのは非常に心強いことだと思います。

そして前理事長の緒方先生は、食事訓練と発達相談を行っていらっしゃいます。
見学当日は、全麻治療→食事訓練→言語訓練を見学させて頂き、非常に貴重な時間を過ごさせて頂きました。

食事訓練では8か月~1才~2才位までのお子さんはそれぞれ保護者様が持参したお弁当を食べ、
その様子を緒方先生とSTさんが指導するという様子でした。
ここでちょっとうれしかったのは、私がい今、アイオライトの児童に指導している食べ方が同じだった事、
高齢者の摂食えん下、トレーニングをヒントに始めたのですがよかった!!!
私の考えはまちがえてなかった!!と再認識できました。

そして最後にST岡松先生による言語訓練

・スリーヒントカルタ..おまわりさんが、台の上でふえをふいてます  や
女の子がうさぎをひっぱてます

〇〇が〇〇を は受信がむずかしいので先に受信をして次に発信してもらうなどを教わりました。

おがた歯科医院の皆様お忙しい中とてもとても親切に案内して頂き本当にありがとうございました。

H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!
博多駅すぐのおがた小児歯科医院さまです。
今日はよろしくお願いいたします!!
H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!
H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!

わかりやすい手作り絵カード★

H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!
H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!

やまだ歯科医院でも使えますねー★

H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!
H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!
H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!

なんばしとっと!博多と言えばもつ鍋たい!と言われそうですが…
市岡ニンニクがダメで…イヤ~ラーメンもやっぱりおいしいです(*^_^*)

院長いつもご当地グルメごちそうさまです♪

市岡

H29.3.7  第45回 定例勉強会

本日午前中を休診にさせて頂きミーティングと勉強会を行いましたので内容を一部紹介します。
①かぶせものをつけた後に起こり得ることについて
新しく歯が入ったことにより咬み合わせが変わり、違和感や痛い所がでてくることがあります。
どんな時にそのような症状が起こりやすいか、考察しました。

②全身疾患について
今回のテーマは「腎臓」
腎臓の機能についてまとめ、病気になるとどうなるのか?
また歯科とのかかわりについて勉強しました。
腎臓が弱ってしまうと体の免疫力が下がってしまい歯周病のリスクが増加します。
また水分のコントロールの役割を担う器官でもあるので口の中がが乾きやすくなることで虫歯の発生のリスクもあがってしまいます。
腎臓と歯科は関係ないように思われがちですが、全身と関わっているのですね。

わかりやすく解説して頂きました。
院長ありがとうございました。

本日午前中を休診にさせて頂きミーティングと勉強会を行いましたので内容を一部紹介します。
①かぶせものをつけた後に起こり得ることについて
新しく歯が入ったことにより咬み合わせが変わり、違和感や痛い所がでてくることがあります。
どんな時にそのような症状が起こりやすいか、考察しました。

②全身疾患について
今回のテーマは「腎臓」
腎臓の機能についてまとめ、病気になるとどうなるのか?
また歯科とのかかわりについて勉強しました。
腎臓が弱ってしまうと体の免疫力が下がってしまい歯周病のリスクが増加します。
また水分のコントロールの役割を担う器官でもあるので口の中がが乾きやすくなることで虫歯の発生のリスクもあがってしまいます。
腎臓と歯科は関係ないように思われがちですが、全身と関わっているのですね。

わかりやすく解説して頂きました。
院長ありがとうございました。

H29.3.7  第45回 定例勉強会

スタッフが退職します。

約1年働いてくれたスタッフが退職することになりました。
気配りができていつも丁寧に仕事をしてくれていました。とても寂しくなります(T_T)
プレゼントはリクエストがあった”春色先取り☆ピンクのひらひらスカート“を贈りました。
もう少し暖かくなったらはいてくれるそうです^^
新しい季節とともに、そのスカートをはいて新たな環境でもがんばって下さいね!!
でも時々やまだ歯科に手伝いに来てくれるとか・・・?(^^♪
いつでも待ってますね!!

スタッフが退職します。
スタッフが退職します。

H28.12/23 「神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション」セミナーを受けて参りました。

みなさん、こんにちわ。
私は去る2016.12.23”神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション”セミナーを受けて参りました。
理学療法士の先生によるセミナーです。
このセミナーを受講しようと思ったのは、違う分野の方々がどう考え、どう向き合っているのか
角度、視野をかえて、見てみたいと思ったからです。

まず、パーキンソン病とは…
主に40~50歳代以降に発症し、ゆっくり進行する原因不明の神経変性疾患です。
神経伝達物質のひとつであるドーパミンが減少することで起こると考えられています。
50~60歳代で発症することが多いのですが、時には40歳前に発症する方もいます。
一般的には遺伝する病気とは考えられていませんが、若い段階で発病した方の中には、遺伝子の異常がある方がいる事が解ってきています。

次に症状は…
手の震え(振戦)手足のこわばり(固縮)動作が緩慢(寡動・無動)転倒しやすくなる(姿勢反射障害)が代表的です。

また、片側から始まり、他の部分へ進行する特徴もあります。
その他、便秘、立ちくらみ、睡眠障害、抑うつなども認められます。

具体的には、じっとしている時に片側の手や足がふるえる表情が乏しく抑揚のない声になる、関節が硬く、引っかかりを持つ、
立ち姿が少し前かがみで歩き方が小刻みである、歩く際に手を振らない、歩き始めや途中ですくむ、また次の一歩がなかなか出ない、
すくんでも音や線をまたぐなどっをきっかけによくなる、身体がどちらかに傾く、よだれが多くなる、トイレが近くなる、
汗が多くなる、手足のむくみ、などの訴えがあります。

今回は理学療法士の立場から、歩行訓練の仕方、身体の支え方、きっかけの作り方や、ご本人が、どんな事に困り、
リハビリをどうするのか学習しました。

今までなら当たり前にできる事が、当たり前でなくなった。
ひとつの動作をするために、自分で前もって準備しなくてはいけない。
自分が思っている事と違う事をやってしまう。
自分では、できているという思ってやっているが客観的にみるとできていないなどを受けて

では、歯科衛生士として、口腔リハビリテーションに取り入れてみようと思ったことは…

・気付きを促す(できている事、いない事)
・準備状態を作る(声かけ、音楽を取り入れそれに合わせて、キューをいれる)
・視覚的に(鏡を見ながら)トレーニングする
・時間を決めてトレーニングする
・10円玉などを使い手指の巧緻性をみる(固縮しないように)
・記録をつける
・模倣にならないようにする(模倣の方がご本人にとってやりやすいので本来の機能評価ができにくい)
・定期的に評価、目標設定する

1日があっと言う間のセミナーでした。
これを機会にまた1段ステップアップしたなーと実感できるように日々努力…..!!

檜山

H29.2/21(火) 第44回 定例勉強会

本日の午前の診療を休診にさせて頂きミーティングと勉強会を行いました。
今月から研修がスタートしたフレッシュな女性の姿も…。
新しくできたアイオライト2軒目の運動療法の施設にみんなで見学に行ってきました。
大人もわくわくするような遊具がいっぱい☆
遊んでいるようで体幹を鍛える目的があるんですね。勉強になりました。
勉強会では3つのテーマを行いましたので一部紹介します。
①抜歯後感染について
歯を抜いた後の傷の治り具合は何をみたらいいか?どの位の間隔で消毒に来てもらうか?痛みや腫れなどがでる場合はどんなときか?などを解説して頂きました。
②入れ歯の型取りについて
入れ歯を作るにはまずお口の中の型をとります。それをもとに模型を作って入れ歯の作製をすすめていくのですが、最初の型取りによって、完成した入れ歯の適合具合に影響があります。模型と口の中の状態が同じかどうかの確認が必須なんですね。
③歯の違和感を体調によってかんじることがある・・・症例について
新しく入れ歯を作ってお食事をしていくうちに歯に違和感がでることがあります。それがかみ合わせによるものか、歯自体が弱ってしまっていたことで症状がでたのか、診断を立てるために何をするか?考察しました。`

院長ありがとうございました。春に向けてスタッフ一同パワーアップしていきます。

H29.2/21(火) 第44回 定例勉強会
H29.2/21(火) 第44回 定例勉強会
H29.2/21(火) 第44回 定例勉強会
H29.2/21(火) 第44回 定例勉強会