スタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

直接訓練について

今回は、直接訓練に使っている物をご紹介してみようと思います!

訓練、、、と名がつくからにはやはり口から食べたいけど食べにくい方、飲み込みに不安が有る方がメインとなります。

 

訪問でお伺いしている方は、嚥下食ピラミッドの一番上のゼリー食、またはトロミ食です。

初めはエンゲリードを使用していたのですが、続くとさすがに飽きてくるのか嫌がられる様になりました。

ならばと、違う物でお試し中です。

市販の物は良くできていて、やっぱり違うなぁと思うのですが、コストがかかってしまうのと自分家の味では有りません。

また、量が多いため残ってしまいます。

 

ある勉強会にて、管理栄養士さんにどんな物でもゼリーに出来るよ!と言われ、ならばと色々試してみました。

初めは、お粥やかぼちゃ、肉じゃがでしたが、ウナギやお肉、魚も作れる様になりました。

 

ちなみに昨日のは、粕汁の具材である豚肉とさつまいもと豆腐で作りました。

混ぜてしまうのではなく単品3種類にしました。

豚肉とさつまいもは、スベラカーゼを使用し、豆腐はミキサーゲルを使用。それぞれゼリーを作り試食。

豚肉、さつまいもは、粕汁の風味が残る感じでしたが、豆腐は豆腐の味でお醤油をかけて冷奴でも良いなと言う感じでした。

また、舌で潰してもばらつか無い代わりに弾力が出るので、一口量を少なくすべきと思われました。

 

お家や施設でも簡単にコストを押さえて手軽に安全な物を作れるを目指し、今日も一日コツコツと

 

訪問部 檜山

 

 

IMG_6432 IMG_6433 IMG_6434 IMG_6435

保険診療についてのセミナー

こんにちは、歯科医師の東です。

先日開催された大阪府歯科保険医協会のセミナーに参加してまいりました。

日本では国民皆保険制度という素晴らしい福祉制度があり、

歯科においても矯正や一部の補綴治療(ゴールドやオールセラミック、シリコンの入れ歯など)を除いて、

ほとんどが保険診療となっています。

患者の皆さまは一部の負担金をお支払い頂くだけでほとんどの歯科治療を受けることができます。

 

ところが、アメリカなど諸外国では歯科は保険がきかず、すべて自費です。

むし歯になり1本の歯の神経をとって被せものを入れるだけで何十万円もかかるそうです。

神経の治療は時間もお金もかかかるので、お金に余裕のない人は安くするために

残せる歯でもさっさと抜いて入れ歯にしてしまうことも多いのだとか

 

国民皆保険制度のある日本においてはそのようなことはまずありませんが、こ

の大切な制度を維持するためにも、毎月月初めの保険証の確認と保険証が変更した際には

必ずご連絡頂くようご協力よろしくお願いします。

高齢者の独居について

在宅診療をしていて思う事のひとつが[高齢者の独居]である!

あるデーターによると、高齢者の事故発生場所は、屋外よりも屋内の方が多いという報告もある。

先日も、在宅診療にお伺いすると玄関先で               

転倒していたというケースも発生しています。             

これらの原因は色々と考えられるであろうが、やはり日本独特の住居の特徴(玄関に段差があるなど)

部屋の乱雑さなどが挙げられる!!

「転ばぬ先の杖」ではないが 早目に住居改修をしたり、しっかり部屋を片付けたり見守りシステムを   

準備するべきではないでしょうかと考える。                

そしてこれらは、社会問題になってくるのでは??と思う。                       

是非、早目の対策を!!

 

院長:山田武史

 

小児の摂食嚥下について

~ 前歯そろったら ~                     

切歯とは、噛み切るための役割を果たします。前回は           

口唇に力を付けるということをお話しましたが、           

切歯が生えてきたらしっかり前歯で噛み切る事を覚えさせていきましょう

何度も何度も噛み切らせる事を身体に覚えてもらう!!             

この感覚をしっかり覚えてもらい習慣にしていきましょう。

~ 奥歯が生えてきたら ~                           

切歯の横の奥歯が生えてきたら、少しずつ形のある固形物を取り入れられるという時期の合図です。

この時期で大切な事は“手づかみ”です。                             

最近は、汚い、片づけが大変だからという                    

理由で親が介助するケースが見かけられます。                      

身体でしっかり食べるという事を覚えていかないと一口の量であったり、硬さ、大きさ、食感などの把握が難しくなります。

どんどん子どものやりたいようにさせてあげ、温かく見守っていきましょう!            

“手づかみ”は本当に大切です!!

訪問歯科

退院おめでとうございます

思っていたよりもずっと早くて、何よりお変わり無いのがうれしいです

早速ご訪問です。

奥様からは、入院してすぐ熱が下がったこと、入院中は軽くケアはしてもらっていたけど、直接訓練は無かった事等伺いました。

また、退院後はこわくて食べさせることが出来なかったとも

だから私たちが来るのを待っていて下さったんです。

ありがとう!頑張ります!いや頑張りましょう!

焦らずに慎重に

2週間程お口から何も摂ってなかったので・・・ケアして保湿してマッサージして呼吸みて聞いて〰おぉぉ良いんじゃないですか?

そこで取り出しましたるソーダ味ゼリーです!

「味につべこべ言わせねーよ」

と考えて購入した一品です!

まず現物をお見せして、、スプーンに取り出して、、また見てもらって、、ハイ(^○^)あーんです、、やったぁ、、思った通りこれはいけるやつやぁ

ならばとブドウ果汁も食して貰いました。

久しぶりのお味はおいしかったですか?

また、いっぱい食べていきましょうね!

 

IMG_6361

 

訪問部 檜山

H30.10.29(月)Dr勉強会

昼休みにドクター勉強会が開かれました。久しぶりの勉強会です(*^^*)
テーマは歯の根っこの治療についてです。
歯科治療の中でも特に根っこの治療は技術が必要な分野です。
難症例に対しての考え方、診断と治療のすすめ方など実践的な内容を勉強させて頂きました。
院長ありがとうございました。
梅谷 麻央

IMG_20181029_142005_639

H30.10.28(日)セミナーに参加しました

「歯科臨床で必要な認知症の知識」というテーマのセミナーに参加しました。
超高齢社会を迎え、認知症の方とふれあう機会が多くなってきました。今回は認知症の種類による特徴や歯科治療で留意すべき点をわかりやすく解説して頂きました。
咬合(かみ合わせ)を回復(入れ歯やかぶせを作る)ことで認知症を予防することができるので歯科の役目がますます重要になってくると感じました。
講師の松本一生先生は歯科医師と医師の両方の資格を持っておられたいへん興味深いご講演を頂きました。今後の診療にいかしていきたいと思いました。ありがとうございました。

会場にくまモンが遊びに来ていましたので写真を撮りました。
梅谷 麻央

IMG_20181028_175944_101

直接訓練

退院後なので、湿度にも気をつけていきたいと思います。

IMG_6318

訪問部:檜山

H30.10.20 講習会に参加しました

保険点数改正の講習会に参加しました。
歯周病の治療や歯を残すための処置を重要視された改正となりました。
保険でよりよい治療を目指していき、今後の診療の参考にしていきたいと思いました。
 梅谷 麻央

IMG_20181024_204906_839

直接訓練

ヤクルト最強

と言いますか、あの形のプラスチックに入ってる飲料は、良い仕事しますね!

味に厳しい彼もまたヤクルト達を無条件に受け入れます。

どちらかと言うとゼリー状よりもストレート!

飲み込み音が良いのだなぁこれがまた。

それはそれとして、食べるを頑張って貰わなければ行けません。

今回は、卵雑炊をそのまま食べる&卵雑炊ゼリーを食べる!

これにチャレンジです。

もちろん鷹の爪、入ってます。

 

肝心の味は、、、どうなんだ?

 

まあまあの出来具合いだったようです(笑)

そのままの状態の方が良かったかもしれません。

ゼリーは茶碗蒸し位の硬さにしましたが、残る感じがありました。

でも、最後頑張ってゴックンしてくださったのに感謝、感謝でした。

IMG_5870 IMG_5871 IMG_5872

 

訪問部  檜山