スタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

おススメの本~2030年の世界地図帳~

今回のコロナウイルスの影響による不況、

オリンピックも開催されるだろうか?

そして少子高齢化、膨らむ日本の借金、社会保障費

なんとなく取り巻く環境もどんよりとしていますね。

これからの日本はどうすすんで行けば良いのでしょうか?

キーワードになるのは日本の歴史、伝統、文化を土台にした

SDGS(持続可能な開発目標)をもって世界と戦うという事。

始めは何の事かよくわかりませんでしたが読んでいくうちに

腑に落ちてきました。

難しい事を分かりやすく教えてくれる人はすごいですね。

是非、一読ください。

IMG_1179

200128_001 

理事長 山田 武史

おススメの絵本

『せんせい』

子供達は、保育園、幼稚園に通いはじめると、先生に出会います(^-^)

でも、先生て一体何だろう?

という疑問が生じます。

先生について、色々な角度から優しく教えてくれます。

line_521679131733803

山田院長先生(中)

理事長 山田 武史

第87回Dr. M・T・G

今回も症例を中心に行いました。

・外傷による失活歯の対応

・エピペン(アナフィラキシーショックの対応)について

・薬物アレルギーについて

・白板症について

堀内Dr東Dr20191108_001竹村優様

直接訓練!

本日も、往診にて摂食・嚥下訓練で直接訓練を行いました。

 

本日は患者さんの好きな”アイスクリーム”にて行いました。

 

IMG_0718 IMG_0719

しっかりとした嚥下音を聞くことができ安心しました(*´ω`*)

 

200128_001 檜山DH 宮原様

自己防衛本能と原始反射について

まず、自己防衛本能⇨身を守るための無条件反応となります。

つまり、一定の数値を超えた刺激が入った時、

身体が生命の維持を回避しようとして起こることです。

この役割を果たすのが”原始反射”になります。

本来、統合される原始反射が残存してると通常の弱い刺激に対しても

身体が自己防衛反応を起こしてしまうことがあります。

例えば・・・周りにいませんか?

さっきまでニコニコ笑っていたのに、何気ない一言で急にスイッチが入ってしまい

いきなり怒り出す!!⇒しばらくすると何事もなかったかのように又ニコニコしている・・・

周りはたまったものではありませんよね。

 

周囲にもこんな子どもさんいませんか?

・歯磨き、爪切りを嫌がる

・砂のチクチク、服のタグが気持ち悪い

・人から触れられるのを嫌がる

そして社会に出ると

・人見知り

・すぐ言い訳をする

・変な所にこだわりがある

・失敗をやたら恐れる

という形になっていきます。

 

原始反射と上手く向き合っていきましょう。

山田院長先生(中)

理事長 山田 武史

スタッフの誕生日のお祝いをしました

今月もスタッフの誕生日をお祝いしました。

今回も大きなケーキです♪

IMG_0685IMG_0684

200128_001

理事長 山田 武史

赤ちゃんをいっぱい抱っこしてあげよう(#^^#)(目の発達の立場より)

生まれたての赤ちゃんは、視力も0.02であまりよく見えません・・・

そして、色も見究めが難しく、焦点も1830cm

1ヶ月で約25cm~1m2,3週間でくらいで自由に視線を移動できます)

→つまり抱っこすることで視えているのです!!

視知覚の発達には、まず何かをじっと見続けるという「固視」ができるようになることが必要です。

固視がしっかりできていないと、「じっと視られない」「キョロキョロする」などにつながりやすきうなりますし、

さらにその次のステップである動いているものを目で追う「追視」も難しくなります。

今話題になっている“ビジョン”も実は“赤ちゃんの抱っこ”から始まっているのです。

そして、今回は目の発達の立場から述べさせていただきましたが、さらには親と触れ合うことにより、

触覚、安心・安全により得られる自己肯定感など様々な良い事がありますね!

200128_001

理事長 山田 武史

第86回 勉強会

症例を中心に行いました。

・難治性口内炎の症例

・義歯の補綴設計

・全身疾患(バイタスピリン服用)と外科処置について

・すれ違い咬合について

・難治性の根尖性歯周炎

 

について勉強しました。

 

竹村優様 堀内Dr 20191108_001

第85回 勉強会

今回も症例を中心に勉強会を行いました。

今回は、

・補綴設計

・義歯ハセツの症例

・成人ADHDについて

・薬物アレルギーについて

・麻酔後のトラブルについて

勉強しました。

20191108_001堀内Dr竹村優様

おススメの絵本

『やぶかのはなし』

line_2326568936369708

”蚊”というと、ネガティブなイメージがありますよね。

敢えて、その”蚊”の立場になって語りかけてくれる絵本になります。

”蚊”の立場になって視る世界や、自然の厳しさ、生きる事、について

長新太さんの絵で教えてくれる一冊です。

山田院長先生(中)

理事長 山田 武史