急募!歯科助手・歯科衛生士・歯科医師募集中!
初診患者様専用 ネット予約
訪問歯科診療をご希望の方
問診票

医院概要

医院名 医療法人 育笑会                やまだ歯科医院
住 所

〒546-0043

 大阪府大阪市東住吉区駒川

 3-1-7

理事長 山田 武史
TEL 06-6622-8341
診療時間

平日:9:30~13:00/

   15:30~21:00 
土日:9:30~15:00

休診日
祝日・祝前日
アイオライト

スタッフブログ

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

働き方革命 〜リコーのオフィス見学にいってきました〜


先日、電子ボードの見学でリコーのオフィスを見学させていただきました。

目的はミーティングの質を向上し、仕事の効率化を図るためです。

技術の進歩は著しく本当に良い勉強になりました。

リコーは、機械プリンターのイメージが強かったのですが多くの事業に取り組んでいて、

一番興味深かったのが「働き方改帯」です。

オフィスも洗練されており、机の上にも物がほとんど置かれていません。  

 

時代の最先端で仕事しています。インターネットの普及により時代の流れは急速化しています。

まずは、職場の環境整理、仕事の効率化を図りより良い治療、サービスを提供できるように努めていきたいと思います。 

あ、さっそく電子ボードも購入しリコーの展示会に参加してきたいと思います。

岩村さんをはじめ、担当の方、お忙しい中ありがとうございました。


院長:山田武史 市岡晴美 松江佳奈


2017年10月8日(日)山中教授の講習を聞いてきました


先日、学会にips細胞で有名なノーベル生理学、医学賞の山中伸弥先生の

講習を聞いてきました。



ips細胞とは、様々な組織や臓器の細胞に分化し、無限に増える細胞のことです。

これを①病気の原因の解明 ②新しい薬の開発 ③再生医療に活用するといった研究です。

研究の詳細は少し難しく分かりにくいところもありましたが

この研究に関しては日本が米国よりも進んでいて

成功すれば現在では治療法がない難病も克服できる可能性があるということです。

そのために“支援”が必要という事です。

やはり研究には資金が必要、そのトータルの研究が医療費や薬の費用に

つながるという事です。

日本は最近暗いニュースばかりですが少しでも未来のために募金させていただきました。

(ほんの少しですが…(笑))




ここ最後に山中教授がお話されたことが【ビジョンとハードワーク】です。

つまり目標をはっきり持って取り組むという事です。

しかしそれも明確なビジョンがないと無駄な努力となってしまうこともあります。

先日も、働き方革命でもお話させていただいたように、より明確な目標を持って

今後も取り組んでいきたいと思います。


今年もわずか3ヶ月です!!!!!!


                  院長:山田武史

第7回おにぎり会


回はクッキー作りをしました

ハロウィンが近いということで、かぼちゃや魔女の型を用意しました。

子どもたちは型抜きをし、トッピングにチョコをのせました。

自分の好きな型を選び、好きなようにトッピングしてとても盛り上がりました!!

 

クッキーを焼いている時間は、ハロウィン仕様の塗り絵をしました!

出来上がった塗り絵はラミネート加工をし

加工の様子を興味津々に見ていました!

 

今回のおにぎり会はハロウィンというイベントに

興味をもってもらえよかったです!





前川 千瑛

2017年10月4日(水)スタッフ誕生日

 10月が誕生日のスタッフのお祝いをしました♪ 

 大きいフルーツたっぷりのケーキでした!

 院長先生は往診に行かれたので残ったスタッフで

 お祝いしました(^○^)

 これからもバリバリ働いて頑張ってください♪

 

 院長先生ケーキありがとうございました!!


 初山美佳


IKEAに行ってきました!

先日、IKEAに行ってきました!!


新しい事務所の内装の為に行ったのですが気付けば全員

子どもコーナーに夢中なっていました(^^)/

理事長がアイオライトの児童の為に色々なものを

買って下さりました!!


次の日に早速組み立て子どもたちも大喜びでした♬

理事長ありがとうございました。

内装もしっかりやってます(;・∀・)


初めての挑戦だったので苦戦しましたがなんとか

クッションフロアをひくことができました!!!!


まだ未完成ですが完成が楽しみです(^^)/



市岡 晴美

 H29.9.29(金)8周年記念

先日、アイオライトのスタッフより

開院8周年として記念にソファーをいただきました\(^o^)/

とても快適です!!!

ありがとうございます。

理事長 山田武史

 H29.9.26(火)全体MTG・定例勉強会を行いました

午前の診療を休診とさせて頂きミーティングと勉強会を行いました。

症例検討会ではレントゲン写真の読影を行いました。


在宅ミーティングでは訪問歯科主任衛生士による『えんげ(飲み込み)』の復習や

復習テストを行いました!!

檜山DHが考えたテストはとてもためになることが多くて勉強にもなりました。

午後診療終了後は、9月20日が誕生日のスタッフをお祝いしました\(^o^)/

フルーツたっぷりのケーキおいしかったです!

19歳の若いパワーが、これからも頑張っていきます!!!!!

院長先生ありがとうございます♪


歯科助手 初山美佳

 H29.9.12(火)定例勉強会を行いました

午前の診療を休診とさせて頂きミーティングと勉強会を行いました。

症例検討会ではレントゲン写真の読影を行いました。
在宅ミーティングでは訪問歯科主任衛生士による『えんげ(飲み込み)』しやすい食品の紹介を
してもらいました。
えんげしにくかったり飲み込みに失敗してむせたりするのを防ぐ目的でとろみがついています。
顆粒を飲み物に混ぜてとろみをつけることが可能なとろみ調整食品やおかずの種類もあります。
私たちも試食しました。

おかずはしょうが焼きを試食しました。香りや味が一般的なものと変わらず、噛まずにするっと飲み込めました。
食べる意欲が湧くような工夫がされているのですね(*^^*)
院長、檜山DH ありがとうございました。
    副院長 梅谷 麻央


 H29.9.10セミナーに参加しました

「小児の歯科治療」というテーマのセミナーに参加しました。
赤ちゃんから学童期に成長していく中で適切な時期に適切な治療を行う必要があります。
乳歯は生え変わるからと虫歯を放置しておくと永久歯にも影響が出ることもあります。
なので乳歯の時期からきちんと治療をしておくことが大切です。
また、治療で今注目されている薬剤を紹介や、口の中の怪我への望ましい対応についてなど幅広い内容のご講演をいただきました。
岡山大学教授 仲野道代先生ありがとうございました。
  副院長 梅谷 麻央


畑に行ってきました!!

畑に行ってきました!


夏野菜の季節も終わりに。

立派に育っていたトマトとキュウリも枯れだしたので、草むしりも兼ねて一回畑をリセットしました!(^^)!

子供たちはいつもみている野菜とは少し違ったようで、なにこれー?と興味津々な様子でした。

草むしりを手伝ってくれたり、土を掘り返してくれたりとても助かりました!







四方 雄大

H29.9.9 第6回おにぎり会 開催致しました!!

9/9(土)に第6回目おにぎり会を開催しました!!


今回は前回大好評だったそうめん流しを行いました(^^)/

全長5メートルのそうめんスライダーを見るなりみんなテンションMAXです!


前回よりもみんな上手に取れていてスタッフもビックリでした!!

中には、食べる事を忘れるくらい、流すことに夢中になってしまう子もいました(^^♪


次回のおにぎり会は何するか楽しみにしていてくださーい( ^ω^ )







堀内 理沙

H29.9.1 アイオライト 夏のお疲れ様会!!

9/1(金)にアイオライトでは夏のお疲れ様会を開いていただきました(^^)/


長かった夏休みも終わり、夏休みの振り返りをしながら食事を楽しみました★

普段しないプライベートな話も盛り上がりまた一つ仲が深まる会になりました(^_-)


理事長ご馳走様でした★

いつもありがとうございます!!






堀内 理沙

H29.8.29 スタッフが退職しました





先日、約2年働いてくれていたスタッフが退職しました。

とても寂しくなります・・・(T_T)



短い間でしたがありがとうございました。


最後の日に記念写真を撮りました。


新しい環境でも体調を崩さず元気にお過ごしくださいね!!


そしてまたやまだ歯科医院に遊びに来てくださいね!!(*´ω`*)









2学期が始まりました!!


アイオライト2年目の夏休みは、とてもにぎやかな夏休みとなりました。

 

1年目の時より児童発達支援の幼児さんが増えて

そこに小学生さんが加わって、テーブルは大にぎわい!

去年と1番ちがったのはお弁当の仕込みの数!!

 

朝から昼前までそれぞれのお弁当の仕込みにかかりっきりで

 

「うわー去年より、本当人数増えたんだなー」と感慨にふけっていました。

 

おもしろいことに幼児さんに食べさす「摂食トレーニング」の様子をみて

年長さんや、小12のお子さんが赤ちゃん返りがはじまって

「いいなー食べさしてもらいたいなー」

その目線が...あっちこっちで甘えんぼさんが現れました(笑)

一回してあげると皆納得して、次からいつも通り自分で何事もなかったように食べだします。

 

ほんと子供っておもしろい♪

午前中はbrainの部屋で集中して宿題(にぎやかな幼児の声も気になりません)

午後からは去年は暑い暑い日中に公園に行ったりしましたが、今年はsportsがあるので

クーラーの効いた中で熱中症の心配もなく

おもいっきり体を動かして、きっと皆それぞれの

夏休みを満喫してくれたのではないでしょうか?


この夏又一つ成長して2学期が始まります!


顔は出せませんがまなざしは真剣です!!


大人だって勉強します(応用行動分析/BEC 上村先生の講義です)
保護者様の作ってくださったお弁当....申し訳ありません。

必要な子供には手を加えて仕込みしています。

変な場所で食べてる?!と思われるでしょうがここが好きなんです(^^)
姿勢保持が苦手でくずれてくるお子さんはひざにのせて。
今日はちょっぴり甘えた....次の日から何事もなかったようにいつも通り1人で食べてます。
目指せ!!未来のアスリート!!
アイオライト恒例夏の水遊び

大人は水かけられてびしょぬれです( ;∀;)

ちゃんと一人で座れます。みんな余裕です!!
顔は出せませんが皆様良い笑顔です♪
できたっ!!
親子で力を合わせました!






市岡 晴美

発達支援コーチ初級セミナーに行ってきました。


先日、8/26()8/27()2日間

発達支援コーチ初級セミナーを

山田理事長と共に受講して参りました。

 

「人間脳を育てる」の著者の灰谷孝さんが

代表理事の一般社団法人、ここ・からだが行なっている認定セミナーで、初級のあと認定検定に

合格すれば初級コーチ、そのあと、中級、上級、トレーナー、マスタートレーナーとあります。








いじめじゃありません。

トレーニングです♪




これもトレーニングです(笑)



これはペンギン歩き(^^♪



逆クロスクロールといいます!

次は中級を受講しまーす♪







市岡 晴美

 H29.8.23 スタッフの誕生日のお祝いを行いました


今回もドクターと歯科衛生士のお誕生日のお祝いを行いました。


いちごがのった甘くておいしいケーキでした^^


昼下がりにみんなで歌うバースデーソング、主役の方たちの笑顔、今日も良い写真が撮れました(*´ω`*)


お2人ともおめでとうございます!!これからもやまだ歯科医院でバリバリ働いてくださいね。院長は往診で出られていましたので、いるメンバーでお祝いしました。院長ありがとうございました。

   副院長 梅谷 麻央







 H29.8.22 第77回 定例勉強会を行いました

午前の診療を休診させて頂きミーティングと勉強会を行いました。

新しいスタッフの姿がありました。

三重県から来られた歯科衛生士です!!今日はミーティング初参加です。

恒例の自己紹介をしてもらいました。写真をとりました。

大阪にやって来た理由は、なんと大阪弁が好きだからだそうです!!好きな食べ物はハンバーグです☆

やまだ歯科医院にようこそ!!これからの活躍に期待です(*´ω`*)

 

勉強会では患者様の症例検討会を行い、在宅ミーティングでは前回に引き続き訪問歯科主任衛生士による口腔ケアの実践方法をレクチャーしてもらいました。

口から食べることが難しくなったとき、(例えば口からこぼれる、むせる、うまく飲み込めないなど)少しでも改善するための効果的な手法がたくさんあるのです^^

高齢社会を迎えた今、歯科では歯を治療する、予防する以外に「食べる力」を養っていくことが重要視されているのですね。

院長ありがとうございました。

     梅谷 麻央



  H29.8.21 お誕生日のお祝いを行いました


ドクターと歯科衛生士のお祝いをしました。


お2人ともパートとしてやまだ歯科医院を支えてくださっています!!


私はこの場にはいなかったのですが、医院に戻ってくるとなんと私のぶんもケーキを切り分けておいてくれていました。もう、感動です。


心優しいスタッフに恵まれて幸せです(*^_^*)


生クリームがまた美味しかったこと!!


お誕生日おめでとうございます。


院長ありがとうございました。


   副院長 梅谷麻央



エリックカール展に参加してきました

先日、幼児教材見学にエリックカール展(はらぺこ青虫の作者)に

参加してきました。

エリックカール展の絵本の構成は


紙に指や筆で色をつけた色紙を切り抜き、貼り付けていく手法が特徴です。

作品は本当に色鮮やかで

鮮やかな色彩に富んでいて良い勉強になりました。

いくつかの教材を取り入れてます。

あ、歯医者にも歯ブラシありまーーーーーす!!!

理事長 

  H29.8.6 セミナーに参加しました



「保険治療でここまでできる審美的歯冠修復治療」というテーマのセミナーに参加してきました。審美的というのは、今回は「金属を使わない見た目が歯の色に近い材料」という内容でのご講演をいただきました。


歯科で使用する金属はかむ力に耐えることができる材質の金属で補うことが一般的でしたが近年「見た目」も重要視され金属以外の材質も保険治療で使用することが認められるようになりました。(※お口の状態や歯の部位によっては不適応な場合があります)


ただし金属と比較すると耐久性に弱いためまだまだ材質に改良が必要な段階です。少しずつ劣化もしてくるため永久に長持ちするわけではないのです。


少しでも長くお口の中で快適に使用して頂けるために歯科医師がすべきことを解説して頂きました。また最新の歯科材料もご紹介頂き充実したセミナーを受けることができました。

今後の診療に反映させていきたいと思います。

日本デジタル歯科学会理事長 末瀬一彦先生 ありがとうございました。


     副院長 梅谷麻央



 H29.7.31 お祝いを行いました


スタッフのお誕生日とアイオライトのケアマネジャーが独立することになり2人のお祝いをみんなで行いました。

何歳になられたんでしょうね(*´ω`*)まだまだやまだ歯科医院に力を貸して下さいね!!

独立された後は医院の近くで事務所を構えるそうです。時々遊びに来てくださいね。





今回のケーキはフルーツ盛り沢山の大きなケーキを用意して頂きました。いくらでも食べれそうなぐらい美味しかったです!!
院長ありがとうございました。お2人ともおめでとうございます!!
 副院長 梅谷 麻央

                                                                            

第5回 おにぎり 会開催いたしました(^^♪


今回のおにぎり会は、あの探偵ナイトスクープにも出演された

飾 巻子先生をお招きし、デコ巻き寿司を行いました。

今回のおにぎり会は親子参加ということもあり、

普段は見ることのできない、子供達の親御さんとの関わり等も見ることができました!


わたしも実際に巻き寿司作りに参加させていただきました👍

先生の説明が分かりやすくとても我ながら上手く作れたと思います!


ペンギン、小梅と二種類の巻き寿司を作ったのですが、

どちらもコツを掴めば比較的簡単に作ることができました!

子供達は、難しいところは親御さんに手伝ってもらって、

とても楽しそうに巻き寿司を作っていました!

出来上がった巻き寿司をみんなで見せ合いとても楽しい会となりました!


ご指導くださった飾巻子先生、わかりやすく教えていただきありがとうございました!


なお、今回多数申し込み頂きたいのですが、

会場の都合でお申し込みいただいた方抽選で10組限定とさせていただきました

抽選に外れた方誠に申し訳ありませんでした。

また企画いたしますので、その際は是非ご参加お願いします!                                                                                           



四方 雄大

 今川学園で開催されました健康教室でお話をさせていただきました。


    

          

皆さん、こんにちは。

訪問歯科主任衛生士の檜山です。

 

私は、7/26()今川学園において開催されました健康教室で、恐れ多くも当院院長に代わりお話をさせて頂きました。

 

テーマは、当院の理念でも有ります「食の楽しみとお口の健康を貴方に」から「ずっと食べるを楽しむ為のご提案やお願い」です。

 

先ず食べるを楽しむ為の要素を4つの項目(1.嗜好にあった料理 2.心身の安定と健康 3.姿勢や環境 4.口腔ケアと口腔機能)に別けて説明致しました。

 

今回は、特に口腔機能に重点を置き、飲みこみのしくみを動画で見て頂きその後、自分の持っている機能がどれくらいなのかトライしてもらったり、トレーニングをしたりと盛り上がりながら楽しく過ごしました。

 

″食べる=生きる″

 

食を楽しみ人生も楽しく

 

皆さんもどうぞ人生を楽しんで下さいね。                                                                                           








檜山 加奈子

 第51回 定例勉強を行いました。


      午前の診療を休診とさせて頂き、ミーティングと勉強会を行いました。
ミーティングでは医院のルールの再確認を行い、勉強会ではレントゲン写真の読影、
口腔ケアの目的について話し合いました。
高齢になると、食事の時の飲み込みや食べ物を噛んですりつぶす時に必要な筋肉が衰えてしまうことがあります。
機能を少しでも回復するためのマッサージのしかたを訪問歯科主任歯科衛生士より実演してもらい、お互いに行いました。


これからの訪問診療での口腔のリハビリに活かしていきたいと思います。
院長、檜山さん、ありがとうございました。
         副院長 梅谷 麻央
                                                                                                    



7月22,23日 セミナーに参加しました。 



2日間にわたりセミナーに参加して来ました。

今回のテーマは「義歯」(入れ歯)と「根管治療」(歯の根っこの治療)についてでした。長寿大国といわれる日本ですが100歳以上の高齢者はどのくらいいると思いますか?きんさんぎんさんが100歳の時の1991年で3625人、その28年前の1963年では153人。最新の統計の2016年ではなんと6万5692人というデータが出ました。長生きして口からおいしく食べたいですよね。

これからも高齢者が増えていくことを予測して、高齢者の骨格の解剖を学びそれに基づいてどんな義歯を作製するのが  望ましいのかを勉強しました。

2日目は天然歯が折れてしまった時の対応についてのご講演でした。歯が折れた場合、一般的には根っこの治療をしたり状態によっては抜歯となるケースがあります。折れた位置や程度によっては根っこの治療なしで神経を残す治療法もあります。それがどんな時に有効なのか、術後の経過などの症例を見せて頂きました。今後の診療にいかしていきたいと思います。

副院長 梅谷 麻央                                                                                                                      




7/12(水)「目の学校」を体験してきました



先日、やまだ理事長と天王寺にある目の学校を体験してきました。

アメリカのオプトメトリストによるビジョントレーニングの手法により、

5つの思考力を軸にトレーニングを行う学校です。


5つの思考力とは

①目の運動思考力

②視覚思考力

③聴覚思考力

④論理的思考力

⑤手の思考力


で 知識より知恵 どうみたらいいのか、どう考えるべきか

といった知恵を身につけるトレーニングです。


今日は私はカメラマン、理事長は体験者として50分みっちり体験されました。

理事長お疲れ様でした!!!







市岡 晴美

南河内食のネットワークvol.4に参加して参りました


こんにちは。

訪問歯科主任歯科衛生士の檜山です。

 

今月も南河内食のネットワークvol.4に参加して参りました。

今回は「小さな会社の大きな挑戦」介護食品メーカーさんから学びます!でした。

 

「今晩のメニュー何にしようかしら?」「何食べたい?」我が家のいつもの会話です。

 

でも、食べたくても食べられない、食べられる物が限られている方はどうなんでしょうか?

 

「食べる事だけが楽しみやのに、歯が具合悪くて食べられへん」…そんな声を聞いたりします。

普段何気なく食べていますが、やはり楽しみや喜びのひとつ!なんですね。

 

今回の講師は、()ふくなお社の社長さんでした。

食べる楽しみを、少しでも多くの方たちにお届けしたいと介護食を作り続けてこられました。

 

食べるものは、食器もさることながら見た目もやはり大切です。

自分がこれから食べるものが何なのかわからない…これでは食べたい気持ちになりにくい。

 

安心で安全で、おいしそうでおいしい。

そんな食品を作ることを頑張っておられます。

 

では私達は、その食品を

ずっとおいしく食べられるお口を作って守っていかないといけませんね!







檜山 加奈子

7/11(火)ぐんぐんキッズクリニック様を見学してきました


堺市北区中百舌鳥にある、「ぐんぐんキッズクリニック」

「ぐんぐん病児保育室」を見学してきました。

医療法人社団ワッフルの理事長中野景司先生は、やまだ院長の

高校の同級生の方です。

2013年5月に「ぐんぐんキッズクリニック」を開院され

同年12月から、クリニック2階に「ぐんぐん病児保育室」を

開設されました。


201512月には堺市南区の「病児保育室ゆめぽけっと」の

運営も引き継がれ、現在常勤医師4名、非常勤医師4名、看護師6名、

医療事務9名、保育士15名が

在籍され、オンリー1かつナンバー1の子育て支援集団を

目指して頑張っておられます。


病児保育で働くお母様をお助けするなら

まずは働くスタッフさんの環境を整えなければ!と

パートのスタッフさんのお子様が病気の時も休みやすい環境を整えておられます。

クリニックで、在籍15名!の保育士さんには、そんな訳があったんですねー!


ブログにら書ききれない程の勉強をさせて頂きました!

中野先生、お忙しい中ありがとうございました。





市岡 晴美

7/11(火) 第50回定例勉強会・全体MTG


 午前の診療を休診とさせて頂きミーティングと勉強会を行いました。

 勉強会では今までにやったこと(全身疾患)についての復習と

 ワーファリン服用(心疾患)についての勉強をしました。

 
 当院では場合により医科の主治医の先生に全身疾患の問い合わせを行いその結果を確認して
 治療計画を立てて診療を行っております。


 そのあと当院のスタッフ檜山による健康教室のお話を聞きました!

 食べることを楽しむ為にどうすればよいか?

 口腔ケアについて…摂食嚥下について…などとてもわかりやすく

 スタッフみんな聞き入ってしまいました(笑)


 そして、スタッフ一同から院長先生と奥様へ

 写真で伝わらないですがバウンサー(ゆりかご)を出産のお祝いで渡しました\(^o^)/

 とてもかわいい女の子で、スタッフも会えることを楽しみにしています!!

 院長先生いわく院長にそっくりだそうです!!!


 副院長 梅谷麻央・スタッフ初山美佳

7/8(土)藤山先生のセミナーを開催しました


 アイオライトsports&brainリニューアルオープン記念として 

 七田チャイルドアカデミー設立者で、現在(株)ビジョンアカデミー代表を務める

 藤山守重先生をお招きし「強くてたくましい子どもを育てる教育方法と子どもの資質の育て方」

 というテーマのもとご講演をいただきました。

 

  • 強くてたくましい子どもを育てる教育方法と子どもの資質の育て方
  • 脳内物質を出せば人生は変わる

という内容でした。

 

今回は、保護者様にむけた講演をお願いし、何のために生まれてきたのか、

何のために子どもを生んだのかという問いかけから始まりました。


先生の答えは「幸せになるため」でした。


 

講義中、先生の

「自分が幸せじゃないと子どもも幸せを感じない、朝起きて鏡を見て自分は素敵、

大好き、愛してると言葉に出すことで本当にそう思える」

という言葉が印象的でした。


 

親の情緒は子どもに伝わり影響する、親がストレスを持って子どもと接すると

子どももストレスを感じるということを聞き、親だけではなく身近な大人にもいえることだと思いました。

 

 

 

私は、子どもにどう教えたら良いのか、戸惑ったまま接っすることがあり

それが原因で子どもも戸惑っていると指摘されたことがありました。


 セミナーで聞いたことを参考にして、きちんと自分の軸を持って行動しようと思いました。

 


とても勉強になった2時間でした。








前川 千瑛

第4回おにぎり会


 第4回おにぎり会開催いたしました☺

 今回は、流しそうめんです♬

 全長5mの史上最大級のそうめんスライダーで行いました!!!

 最初は「わぁーーーー」と取れずに流れていってしまいましたが

 終わるころにはみんな上手に取れるようになり

 とても楽しんでくれていました(^^♪


 今回は畑でとれたトマト・きゅうり・じゃが芋を使いました。

 じゃが芋はポテトサラダにし、大人気でした(^^)/


 第5回も楽しみにしていてください。





松江 佳奈

畑に行ってきました!(^^)!


今回のおにぎり会のために野菜の収穫にいってきました!

きゅうりもこの短時間で大きくなっており、プチトマトはギリギリ間に合いました!

子供達にも収穫を体験してもらいました。赤くなってる!っと大興奮でした

おにぎり会当日はプチトマトが一人一個は食べれると思います!

自然農法で作った野菜を楽しみにしていてくださいね(*^▽^*)








四方 雄大

やまだ理事長ありがとうございました!(^^)!


先日、やまだ理事長に娘の誕生日祝いにご飯に連れて行って頂きました(*^^*)

 

ちなみに娘は77日の七夕生まれです

 

1週間前に決まった時には歌を歌っていました(やまだせんせいとステ♪♪)三日前からカウントダウンが始まりました

 

院長とは車の中でどっちが沢山ご飯食べるか競争の約束までして(@_@)

 

前菜にポテト食べて、お肉が来る前にご飯一皿食べておかわり!

結果院長とむすめとも2.5皿のご飯(>.<)

 

娘は院長に「どっちが優勝?」と聞いて

院長に「みいちゃんポテトもたべてるからみいちゃん優勝やな!」と言われ

ご満悦(^^;)

 

院長いつもむすめに素敵な誕生日祝いをありがとうございます(≧▽≦)

 

つぎは29のつく日ですね(´ڡ`)








市岡 晴美





200gのステーキと2.5皿のごはん+ポテト!!!!



H29.07.03 第2回 ABAのセミナーを受講しました。

6月12日上村裕章先生の応用行動分析学(Applied Behavior Analysis)のセミナー第2回に参加しました。

ここでは”人間の行動に焦点をあて、その行動を変えていく”ということを勉強しています。

全11回のセミナーですが2回を受講し終えて私は「なるほど」と納得することが多く、とても難しいと感じました。


まず初めに行動には目に見える行動は、行動している人以外の人も観察でき、記憶できる行為(食べる・走る・叩く等)です。

目に見えない行動は呼吸や思想です。

ABAでは行動のデータを取りますがここでの行動とは目に見える行動の事を指します。

目に見える行動でも”死人ができる行動は行動として扱われない”という決まりがあり、これを”死人テスト”と呼びます。

死人テストをクリアすれば行動として扱うことができます。

例えば①廊下は走らない ➁食事中に徘徊しない

ここの2つは「~ない」と表現がされていて死人でもできてしまうので行動にはなりません。

しかし、①廊下は歩きましょう ②食事中は座りましょう という風に言い方を変えるだけで行動として扱われます。


第2回では<行動と行動変化の推測>について学びました。

変えるべき行動を標的行動と呼び観察して記録をつけていきます。

その方法について教えていただきました。


記録するためには、まず標的行動の定義をします。

誰が記録をとっても正しく記録ができるようにします。

例えばできたら「○」、できなければ「×」の記録をとると決めて、標的行動を”教科書を開き勉強する”と設定します。

これは観察者の見方によって評価が変わってしまうので、望ましくありません。

「勉強ってなんですか?」「時間はどれくらいですか?」と考えだすとキリがありません。

なので誰がみてもわかるように教科書を開き、問題を10問解いた時。

音読を10ページした時。と勉強の内容や時間、場所などをあらかじめ決めておきます。

2人の観察者が別々にその行動を観察しても一致するように行動は記述しなければいけないということです。

このことを仕事の中でも活用できればとても具体的でわかりやすい説明や問診ができると思います。


今の私には死人テストをクリアできない行動が習慣として多く身についてしまっているので、脱習慣として新習慣を作っていくことが必要です。

習慣を変えることはとても難しく、意識しないと変わらないことだと思います。

このセミナーを受講していなければ変えようという意識も芽生えなかったかもしれません。

残り9回のセミナーと日常の中で自分自身も新習慣を作っていき、死人テストクリアの行動かどうか考え行動していきたいです。


衛生士 山下葵




H29.6/28(水)〜H29.6.1にアイオライト3号店児童発達支援/放課後等デイサービスをopenしました!〜


 1号店アイオライト

 2号店アイオライトsports

 3号店アイオライトbrain ですが

 正しくは、アイオライト 児童発達支援/放課後等デイサービスと

 アイオライトsports&brain 児童発達支援/放課後等デイサービスとなります。


 1号店は、食育の部屋

 2号店は、運動の部屋

 3号店は、脳トレの部屋として療育を行いますので

 教室・体育館・多目的ルームといったところでしょうか。

 子どもたちは個々のテーマにあわせて各部屋を使用しています。





 1Fがsports・203号室がbrain roomです。



 看板も作りました♪♪




 

 ビジョントレーニング用教材です。





 右脳トレーニング用フラッシュカードです。





 おひとりさまになりたい子ども用ルームです(^◇^)





 sports&brainに変わり、アイオライトは

 経営理念を

      『すべては脳から始まります』

      『すべて脳につながります』

 行動指針を

      アイオライトの考える療育とは

        3倍4倍も手をかけること

      アイオライトの考える脳育とは

        脳幹刺激・右脳刺激・前頭葉を刺激させること

      アイオライトの考える食育とは

      食べること・噛むこと・飲み込むこと とし

 これからも子どもたちの成長のお手伝いをしていきます。


 皆様どうぞよろしくお願い致します。

 



H29.6/27(火)GW 〜青森県 根城よしだ歯科の見学をさせて頂きました〜



 GWの休みを利用しまして青森県八戸市の

 根城よしだ歯科を見学させて頂きました。




 よしだ歯科医院はスタッフ全員の仕事に対する意識も高く 

 常に最先端の治療を導入しています。


 まずは朝礼からスタッフのモチベーションをしっかり統一します。

 僕も参加しました!!!!!!(笑)



 その後の見学のプログラムも充実しておりました。


 ⅰ))スタッフからのセミナー    ①よしだ歯科医院の想い…

                  ②こだわり

                  ③治療の流れ

                  ④取り組み


 ⅱ))小児歯科への取り組み、考え方

 ⅲ))MTM(メディカルトリートメントモラル)について


 


 大変、貴重なお話をお伺いすることができました!!!!

 スタッフの方も親切で、見学中、優しく声かけして頂き

 有意義な一日となりました。


 根城よしだ歯科医院の皆様ありがとうございました!!!!!!!


                          理事長 山田武史


 根城よしだ歯科    http://www.n-yoshida.jp/subject/



H29.6/11(日)「パーキンソン病における嚥下障害の理解とアプローチの考え方」を受講してきました


こんにちは、在宅主任歯科衛生士の檜山です。


私は、6/11()高砂市民病院の言語聴覚士 杉山周平先生による

「パーキンソン病における嚥下障害の理解とアプローチの考え方」を受講して来ました。

 

飲み込み仕組みと加齢変化

パーキンソン病の嚥下障害の特徴

評価の効果と限界

栄養管理が必要な理由

嚥下訓練の実演

食べてもらえる簡単嚥下食の調理法の紹介

嚥下機能を生かすための姿勢調整の考え方

 

この8つの項目に分けての講義でした。

 

加齢により筋力、知覚が衰えて来ます。

6070歳以降は嚥下障害の予備軍となりますので、注意が必要です。

 

パーキンソン病の主症状は、安静時振戦・固縮・無動・姿勢反射障害ですが、がっぺいしょとしてwearing off現象・On-off現象・すくみ現象・ジネスキネジアなどがありこちらの確認も重要です。

 

 

パーキンソン病患者様の嚥下障害の特徴を把握し、嚥下評価に必要な知識を身につけ判定します。

 

簡単で効果的なトレーニング方法を知る。

パーキンソン病患者様は、嚥下障害の自覚がない場合が多く、訓練意欲が乏しく継続か困難です。

また、同時に複数のことを覚えにくく場面が変わると応用できにくいことを知っておく。

 

間接トレーニングだけでは、「食べる力」の改善には不十分である。

安全に直接訓練を行うために必要なスキルを身につける。

 

理想の嚥下食とは、適度な粘度がありまとまりやすくべたつかずのど越しが良い。

 

また、変形性が高くなめらかに通過し密度が均一であるもの。パーキンソン病患者様は、本人が姿勢の歪みに気がついておらず良い姿勢を歪んでいると感じる。症状の進行に伴い、正しい姿勢の保持が困難になる。

生活の中で良い姿勢を心掛けることを早期より指導し、姿勢異常ゆ予防することが大切である。

 

具体的なトレーニング方法も合わせて学習し、大変有意義な一日でした。

 

まだまだ、学びチャレンジしていこうと思っております。

すでに人生を折り返してはおりますが日々勉強し、皆様のお役に立てるよう頑張っていきますので見ていてくださいね。

 

檜山DH



 H29.6.18(日)セミナーに参加しました


「重大疾患の見分け方」というテーマのセミナーに参加してきました。
重大疾患とは何でしょう??
生命にかかわるもの。治癒が難しいもの。診断を誤りやすいもの。
いろんな解釈ができますが今回のメインは診断を誤りやすい症例についてご講演をいただきました。
口の中にも悪性腫瘍(癌)ができることがあります。
炎症なのか、良性腫瘍か悪性なのか、それ以外のものか診断が難しいことがあります。
症例写真を多数見せて頂き、目でみてある程度予測ができるためのポイントを教わりました。
「眼を養う」貴重な機会をさせて頂きました。
尼崎中央病院 佐々木昇先生ありがとうございました。
副院長 梅谷 麻央



 アイオライト第三回おにぎり会開催しました!!

今回のおにぎり会はおたのしみ餃子作りでした(*^_^*)

具材はウインナー、ポテトサラダ、チーズ、ツナ、コーンで作りました!!

皆それぞれ思い思いのてづくり餃子を作り、スタッフに焼いてもらいました(^_-)

感想は......おいしい(*^▽^*)!!!!

みんな口を揃えて言餃子は美味しかったみたいで次々に餃子を作り用意していた具材が無くなってしまうほどでした★


その後は、ABA行動応用分析のセミナーをアイオライトで受講しました。

二度目のセミナーでしたが毎回参加型の授業でとても楽しく学べました!


終わった後は上村先生と院長とスタッフでご飯を食べながら色んなお話をし、

とても楽しい時間でした('ω')次回のセミナーも楽しみです!!!



四方







 

 


5/20(土)に第2回目のおにぎり会を開催しました(^^)/!!


2回目ということもあり、アイオライトに着くとすぐにエプロンに着替え皆準備万端です(#^.^#)!!

今回のメニューは、畑でとれたサニーレタスのサラダ&サラダ巻です★★

前日にスタッフが畑にとりに行ってきたので、とれたてホヤホヤです(^^)


スタッフの説明を聞いてもらい、スタートです!!!


最初はサラダ作りです★


今回の主役のサニーレタスを自分で好きな大きさに好きな量を手でちぎります!!

そして好きな具材をトッピングし、いただきま~す!(^^)!


皆とても上手に盛り付けできていてスタッフもびっくりです!!


次にサラダ巻作りです★

海苔の上にごはんをのせ、すきな具材を盛り付けていただきま~す!(^^)!


おにぎりの時とは違って海苔をまくのがなかなか大変でしたが

皆上手につくることが出来ました(^_-)-☆


お味噌汁ものみ、「おいし~~」とみんな大満足でした('ω')ノ

食べ終わった後、歯医者にもおすそわけでサラダ巻を持っていきました(^_-)

山田院長に「どうぞ!食べてください!」と言い上手に渡してくれました★



次回のおにぎり会は6月17日を予定しております!楽しみにしていてください(#^.^#)





 

 

4/22(土)にアイオライトでは第一回目のおにぎり会を開催しました(^^)/!!


スタッフからの手順や気を付ける事の説明を聞いてから、おにぎり会スタートです!!

とても集中してにぎっている子もいれば、お友達と楽しそうに話しながらにぎる子もいたり、

「むずかし~」と苦戦している子もいました(*^_^*)


自分でつくったおにぎりはおいしいのか皆、「おかわり!!」「もう一個!!」と

3升炊いたご飯があっというまになくなりました( ゚Д゚)!!!


自分でつくって食べるっていいですね(#^.^#)

お家でも実践できたらいいですね★


次回は、今月の5/20(土)に開催です!!!

次回は畑のサニーレタスが食べれるかも??ということで

次回も楽しみにしていてください(^_-)-☆




 南河内食のネットワーク 勉強会に参加してきました

こんにちは、衛生士の檜山です。

私は、6/8(水)南河内食のネットワーク 勉強会Vol.3「胃ろうからの卒業~患者の立場から~」に

参加して参りました。


ある日、脳梗塞で倒れ入院

初めは食べれていた病院食の量が徐々に減り、食事レベルも低下。けれど、とろみ食が嫌で頑なに拒否されていたそうで、

お茶にもとろみをつけられてからはそれも拒んだそうです。

食欲不振で点滴と栄養ゼリー、血糖値が上がる、退院予定日は迫ってくる


ご家族は瘦せていくお父さんを何とかしてあげたいと、胃ろうを決断されたそうです。

胃ろうに対していいイメージがなく、ネガティブなことばかり考えていたそうですが

ある時出会った方に積極的な胃ろうもあるんだよ....と教えられ

考え方を改めるきっかけとなったそうです。


胃ろうになっても外せることだってできる....希望はある!


けれど当のご本人は、食べたいけれどとろみは嫌、見た目が何かわからないものは食べ物ではないと

一貫しておられ、食べる口は有るが機能しない状態が続いたそうです


そんな時関わった栄養士さんが、目の前で色々な食材をミキサーにかけ作った見た目こそ

何かわからない物を食べたそうです。

自分の為に一生懸命工夫して作ってくれている熱意が伝わったのでしょうか?

心を動かすものがそこにあったのでしょうか?


それからは少しずつ食べる訓練を再開していったそうですが、リハビリスタッフの焦る気持ちとは裏腹に、

ご本人は急に良くなるとは思っていなかった、ゆっくりゆっくり進めば良いと思っていたそうです。

訓練はしんどかったらしく、どうやってさぼろうか考えていたらしいです(笑)


食べたくても食べられない時期は、舌を引きちぎりたい気持ちになったそうです。

胃ろうでは、満腹感や満足感は得られずのどが渇いたそうです。

お酒が好きでビールや焼酎を飲みたくなったと言われていました。


今はリハビリが進み胃ろうを外し好きなお酒も飲むことが出来るまでになっておられています。


支援者に伝えたい事.....

管理から解放されたい。本人の意見、意思を尊重してほしい。

ここまでいけば良いほうですとか食はお楽しみですとか、限界を作らないでほしい。

希望が見いだせなくなりすごくつらかったそうです。


お話を聞いて私は、普段の何気ない言葉が患者様にどう受け取られているのかよく考え、

ネガティブにならず限界を作らず、他職種で連携して支援することが大切であると思いました。


明るく前向きに頑張ること、ゆっくりでも着実に進んでいくこと....

学ばせて頂きました。


檜山DH






 第49回 定例勉強会

午前の診療を休診とさせて頂きミーティングと勉強会を行いました。
勉強会では今までやったこと(骨粗しょう症、腎疾患について)の全身と歯科との関わりを復習しました。
高齢化社会に対応できるよう医科との連携をとっています。
当院では場合により医科の主治医の先生に全身疾患の問い合わせを行いその結果を確認して
治療計画を立てて診療を行っております。




勉強会の後はスタッフの誕生日のお祝いをしました。
今回はチョコレートのケーキです!!



とてもうれしそうですね(*^^*)
一言頂きました。

「院長ありがとうございます。これからも笑顔で頑張ります。よろしくお願いします!」           」
おめでとうございます!!そしてケーキのおいしかったこと...!!
院長ありがとうございました。
副院長 梅谷 麻央



 5月 スタッフ誕生日


誕生日を迎えたスタッフのお祝いを行いました。
日にちが近いので2人一緒にお祝いです(^^♪
今回はフルーツがいっぱいのったケーキです。





主役の2人より一言!
「ありがとうございます。いろいろがんばります!」
「最後の20代頑張って働きます!」

院長ありがとうございました!!

今年も1年やまだ歯科医院でもりもりはたらいて下さいね。
おめでとうございます(*´ω`*)
副院長 梅谷 麻央


セミナーに参加してきました。


“くすり・検査値がわかれば全身がみえる”というテーマの勉強会に参加してきました。
日本はますます高齢社会を迎えます。その問題を見据えて歯科ではどのような役割を担っていかなければならないのか、ご講演頂きました。
口からよりよく食べていくためには口腔機能をケアしていく必要があります。
そのためには医科との連携をとります。


多くの方が全身疾患を抱えています。どの程度の状態なのかを数値化したものが血液検査の値です。
その数値により出血傾向がないか(歯石取りや外科処置の際に事前に予測することが可能)、免疫は正常か、投薬に支障はないか、感染症はないかなど
トータルで考慮してお口の管理を行っていきます。


また、服用している薬によって病気の進行具合をある程度予測でき、病歴が長ければ合併症のリスクに関しても注意を払います。
医科での病歴は歯科とは無関係だと考えられがちですが、全身をみていくうえで大事な情報です。
これから必要とされる゛総合診療力″を整えていきたいと思います。
明和病院 末松基生先生ありがとうございました。
副院長 梅谷麻央



”日本脳卒中学会”に行って参りました。

みなさん、こんにちは


桜の花もちらほら...なんか”春が来た!”ってテンションあがりませんか?

花粉症で大変な時期でもありますが、負けずにお出かけ!

この季節を楽しみましょう




さて、私はこの桜のつぼみもまだ硬い先月半ば、グランキューブ大阪で開催されました

”日本脳卒中学会”に行って参りました。


脳卒中患者様の栄養、サルコペニア、嚥下障害について看護師や言語聴覚士の取り組みなどの発表を拝聴しました。


改めて脳卒中とは....脳血管障害のことであり脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。


これらの最大の危険因子は、高血圧と加齢と言われています。

これに加えて脳出血は出血性素因や動脈硬化、くも膜下出血は動脈瘤の存在が危険因子となります。


脳梗塞は糖尿病、心臓病、脂質異常症、肥満、喫煙、多量飲酒、ストレス、脱水、炎症、血液凝固系異常(血が固まりやすいこと)


遺伝等々が危険因子となります。


自身の健康に過信することなく適度な運動、バランスのとれた食事、十分な睡眠、休養が必要なんですね。


私の母は40代で脳梗塞を発症し昨年亡くなりました。

あの時ああしていればとか、色々思うことはありますが今となっては後悔先に立たずです。


みなさんはその様な事のないように過ごしていただけると嬉しいですし、口腔ケアや口腔リハのお手伝いができればと

思っております。




 第48回 定例勉強会を行いました。


午前の診療を休診とさせて頂きミーティングと勉強会を行いました。
今月から産休、育休から復帰した歯科衛生士さんも久しぶりの参加です!!

また、やまだ歯科医院に力を貸してくれます。無理のないよう、よろしくお願いします(*´ω`*



今回の勉強会のテーマは「骨粗鬆症」でした。
よくきく名前ですがどんな病気なのでしょうか??

骨がすかすかになり折れやすくなってしまう病気です。歯科とはどう関わりがあるのでしょうか。

歯はあごの骨によって支えられています。骨粗鬆症になってしまうとあごの骨も弱くなってしまうため歯周病のリスクが増加します。
また虫歯が大きいときなど、歯の根っこの先で炎症が起こるとあごの骨にも波及する可能性があります。
感染源のあるところに抵抗力が弱く炎症が長引くため、侵襲の大きな処置では注意が必要なのです。
薬の作用によって出現するので骨の薬を飲んだり、定期的に点滴を受けている方は教えてもらうようにしています。
何よりも口の中を清潔にして定期的な歯科検診と虫歯にならないようにすることが大事です。

わかりやすく解説して頂きました。院長ありがとうございました。
副院長 梅谷 麻央




2017.4/29 石巻.雄勝歯科診療所を見学してきました!

先日、GWを利用致しまして、大学の同級生である、河瀬先生の診療所を見学させて頂きました!


河瀬先生は、東日本大震災の復興支援のために、大学を退職し、復興の遅れが顕著であった石巻市、

雄勝町にて、歯科を通して、復興支援にあたっています!!


以前はプレハブの診療所でしたが、





現在は、医師と歯科が一体化した施設で医療介護の拠点として活躍しております。





河瀬先生は、歯科のみならず地域のために様々な取り組みを行っております。

独居の男性の為に、”男の介護教室”口から食べる、摂食嚥下の為に、”食べる輪”

又、離島の在宅医療も展開しております!!

「雄勝は人口減少が激しい、雄勝に生きる一人一人に寄り添える医療を展開したい」


地域医療に対して、多くの事を学ぶ事ができました。


又、診療所見学の際には、石巻病院、大川小学校など震災の被害の大きかったところも案内して頂きました。

実際に目の前にしてみると、実に多くの事を考えさせられました。





これらの事を、地域に展開し貢献していくことを、又少しでも僕自身にできることを、

一つずつ積み上げていきたいと思います。

河瀬先生、本当にありがとうございました。大変貴重な休日となりました。



河瀬先生、牛タンご馳走様でした。(笑)

理事長 山田 武史


http://www.city.ishinomaki.miyagi.jp/cont/10351000/-map/1190.html










"咀嚼と嚥下に関わる解剖生理学の基本”についての勉強会に参加してきました



皆さん、こんにちは。

衛生士の檜山です。


先日、私は南河内食のネットワーク Vol.2

”咀嚼と嚥下み関わる解剖生理学の基本”について...の勉強会に参加して参りました。


日本摂食嚥下リハビリテーション学会の認定看護師の先生をお迎えし、以下の項目にわけて説明を受けました。


1,気管が前、食堂が後ろ等の基本的解剖

2、筋運動と神経 どちらも重要

3、呼吸とのタイミング(嚥下性無呼吸が必要)


食べる、飲み込む作業にはたくさんの筋肉が使われており、

それぞれに嚥下中枢から神経伝達が行われています。

また飲み込む際には必ず無呼吸になっています。


これらの流れがうまくいかないと嚥下障害がおこってしまいます。


改めて、自身が持っている機能が落ちていない時から如何に維持していくかが大切なんだなと感じました。

嚥下トレーニングのスタート時点が早いほど、よりよい機能を保てます!


さあ一緒にレッツ トレーニング!

その方法は・・・・・・スタッフに聞いて下さいね(笑)


衛生士 檜山




H29.4月16日 セミナーに行ってきました



「初期うしょくと知覚過敏の診断と治療」というテーマのセミナーに行ってきました。
過去にはNHKの番組「ためしてガッテン」にも出演されたこともある、最前線で研究をされている岡山大学大学院の教授 吉山昌宏先生のご講演でした。

初期うしょくとは歯に穴があく虫歯の一歩手前の状態を指します。現在の診断方法は主にレントゲン写真や視診、触診ですが今後は
リアルタイムで歯の画像がみることができ短時間の診断が可能な機器の研究が進んでいます。

知覚過敏という言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか。虫歯ではないのに冷たいものや歯ブラシの毛先が歯にふれることで
一時的に感じるしみや痛みのことをいいます。
この不快感を訴えて歯科を受診する方はどのくらいいるのでしょう??
アメリカでは60%の受診率に対し日本ではわずか30%というデータがあります。
知覚過敏にも起こる原因と治療法があります。場合によっては虫歯になっていてしみている可能性もあるためその場合は早めの治療が必要です。
自己判断せずに歯科医院を受診しましょう。

知覚過敏発症のメカニズムや罹患している歯の電子顕微鏡の写真を見せて頂き勉強になりました。
副院長 梅谷麻央





H29.4月18日 第47回定例勉強会



今日も午前中の診療を休診にさせて頂きミーティングと定例勉強会を行いました。
そして今回も新しいスタッフの紹介です!!


メインは受付の研修ですが、今後は治療の補助にもつくため、歯科の知識の勉強もスタートします(^^)/
恒例の自己紹介タイムです!!
好きな食べ物は生ハムで、Kポップが好き♪ということです。
これから一緒にがんばっていきましょう(*^^*)






そのあとは勉強会です!!一部紹介します。
〝恐怖心の強いお子さんの診察について”です。
おうちのかたにとっては連れてくることが大変なことも多々あるかと思います。
歯科医院側はどのように接するのがベストなのか、負担が少ないように
なるべく短時間で診療ができるにはどうすれば良いのかについてまとめました。

次回は骨粗鬆症について勉強する予定です(^^)/
院長いつもありがとうございます。
5月にまたブログアップさせて頂きます。





H29.4月 スタッフが退職しました


やまだ歯科医院にいつでも遊びに来て下さいね!!
本当にありがとうございました(^^)/





H29.4/4(火) 第46回 定例勉強会


春風の心地よい季節になりましたが、皆様おかわりなくお過ごしでしょうか。
午前の診療を休診にさせて頂き、ミーティングと勉強会を行いました。
3月の歓送迎会にも紹介させて頂きましたが新しく入られたスタッフがミーティング初参加です。
ここで改めて自己紹介してもらいました。









宮崎県出身の歯科衛生士さんです。
自己紹介では、グラタンが好きでいつかUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に行ってみたいと話していました(^^)/
やまだ歯科医院へようこそ。今後の活躍が楽しみです。

そのあとは勉強会を行いました。
前回の「腎臓」についてのおさらいをしました。
腎臓の正常機能、病気になったらどうなるか、歯科との関わりについて復習です!!('_')
前回にも取りあげさせて頂きましたが、腎臓は老廃物のろ過や血圧、水分の調整などを行う器官です。この器官が病気になるとお口の健康にも影響が出てくるのでしたね
糖尿病が進行することで腎臓を弱らせてしまうことがあるので全身的な関わりに着目しました。







院長いつもわかりやすい解説をありがとうございます^^





H29.4/6(木) NPO法人南河内食のネットワーク主催の勉強会に参加してきました。

みなさん、こんにちは

私は、4/6(木) NPO法人南河内食のネットワーク主催の勉強会に参加してきました。


きっかけは、先月藤井寺の池田医院に栄養指導の見学をさせて頂いた管理栄養士さんから

お誘いをうけたことです。


2017年度は”摂食嚥下の基本について”がメインテーマで、4月は”食の基本”について

今各々が抱えている悩み、今後やっていきたいこと、できることをグループワークしました。


食の悩みはそれぞれにありますが、それを相談するところがない、連携をとりたいが

どうすればいいのかわからない、スタッフ間の共通意識に欠ける等の悩みがあり、

この食のネットワークをそんな場所にしていこうとなりました。


管理栄養士、摂食嚥下障害認定看護師、生活支援コーディネーター、歯科衛生士、訪問歯科事務長、

薬剤メーカーさんなど正に多種職の方が集まりアッという間の90分でした。


次回は5月第2木曜日”咀嚼と嚥下に関わる解剖生理学の基本”について講師を招いての勉強会です。

興味のある方は是非参加してください。熱く語りあいましょう。


檜山DH













H29.3/18(土) 池田医院に見学に行ってきました。

みなさん、こんにちは

私は、3/18に藤井寺の池田医院に栄養指導の見学に行ってまいりました。


池田医院では毎月2回管理栄養士さんに来てもらい患者様の

糖尿病患者様の栄養指導を行っています。


初回はなぜ指導を受けるに至ったのか理由をともに探し、食事の具体的なアドバイス、

運動の方法など継続できそうな目標を立て実行に移ってもらいます。

2回目以降は、実行できているどうか評価し良い所、変えた方が良い所を指導します。


モチベーションを維持して頂くのはとても大変ですが、患者様の糖尿病が改善し経過が良くなっていくことが

何よりもの喜びと頑張っておられました。


この指導を見学して、大切だなと感じた事....

食事内容を書く。3食きちんとバランスよく。食物繊維の多いものを。

食べ始めは野菜から。20分以上かけてゆっくり食べる。

運動はゆっくりラジオ体操を。夜のデザートはとらない。

皆さんにもいかがでしょうか?



檜山DH













アイオライトsports OPENしました!!!

2月からオープンして4か月が経ちました

アイオライトsportsです!(^^)!


一見楽しそうに見えますが、大人でも疲れるくらいとても体力が必要です...(笑)


手足を動かすことにより感覚統合が鍛えられ児童の発達に大きく関わってきます。


ボルダリング、ブランコ、トランポリン、鉄棒、ハードル、つり輪、マット運動


たくさんの遊具が備わっているので、児童も色んな運動ができ、

毎日元気いっぱい体を動かし楽しんでくれています(#^^#)!!


堀内













H29.やまだ歯科 バレンタインデー&ホワイトデー☆

やまだ歯科医院で働いている男性Drと院長に日頃の感謝の気持ちを込めてスタッフよりバレンタインのチョコレートを贈りました。
今年のバレンタイン係のスタッフが近鉄百貨店の中を歩き回って選んでくれました。
よろこんでもらえてよかったです(^^)/


そしてホワイトデーにはたくさんのお返しを頂きました。院長からは何十倍返しかと思われるぐらいのチョコ、クッキー、おせんべい・・・
画面に入らないほどたくさんのお菓子を頂きました。ありがとうございます(*^^*)
男性Drの方々もありがとうございました!!みんなで仲良くいただきます。
今後もよろしくお願いします。
副院長  梅谷 麻央








H29.3/19(日) セミナーに参加してきました。

糖尿病と歯周病との関連についてのセミナーに参加してました。
糖尿病とはよく耳にする病名だと思いますがどんな病気でしょうか??
簡単にいうと血糖値が高くなる病気です。
ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり血液の中にあふれてしまうことで血糖値が高くなります。
血糖値を下げるホルモンのインスリンが足りなかったりうまく作用しなくなることで起こります。
この高血糖が持続することで血管が傷つき、硬くなったりと悪影響を及ぼした結果動脈硬化が促進します。
さらに悪化すると全身の血管が傷ついた結果、目が見えにくくなったり脳梗塞や心筋梗塞、腎不全を引き起こす可能性があります。
歯周病と最も関わりがある病気が糖尿病だといわれています。歯周治療を継続的に行うことでHbA1c(糖尿病の診断基準となる数値)が改善することがわかっています。
糖尿病の初期はほとんどの場合無症状なのですが何もなくても歯科での定期検診やお口のおそうじ(歯石取り)が重要になってくるのです!!
またインスリンの分泌の始めの段階に関わるホルモン(GLP-1という)は栄養が小腸の壁を通ったときにしか出ないホルモンです。
つまり点滴ではなく口から食べるということが全身的に良い働きをしてくれているのですね。

「食の楽しみとお口の健康をあなたに」というやまだ歯科医院の診療理念のもと、口腔内の機能回復をすることで栄養摂取のサポートができるよう今後の治療を進めていきたいと思います。
  副院長  梅谷 麻央
 








H29.3/18(土) やまだ歯科医院 歓送迎会



もうすぐ春ですね。恒例の歓送迎会を行いました。今回は谷町六丁目の鶏屋國型製作所という焼き鳥屋さんでした(^^)
落ち着いた和の雰囲気のお店で主役の方々が集まったところでスタートしました。








幹事のお2人が進行してくれました。
主役の方は1人ずつ自己紹介。育児休暇中の衛生士さんも今回は出席してくださりお子さんとそろっての参加です。キッズの姿もちらほら。









終盤では退職するスタッフに、はなむけの言葉を贈る院長の姿も...



最後に集合写真を撮影しおひらきとなりました。
新しく入られた方はやまだの雰囲気をわかってもらえたのではないでしょうか??春からもがんばっていきましょう。スタッフがサポートしますよ(^^)
そしてとり料理のおいしかったこと・・・!!!
院長ありがとうございました(*´ω`*)

        副院長 梅谷 麻央



H29.3/7(火) Dr 懇親会


やまだ歯科医院にキューバ出身のDrが勉強に来られました。
キューバで歯科医師としての経験を積み、日本にやってきて日本の歯科医師免許を取得後、現在さらに研鑽を積んでいるそうです。
この日は火曜日に来てくださっている口腔外科専門の先生のもとで〝舌の違和感″についてのケースや抜歯のアシストについてもらいました。
とても勉強になりましたと言っておられました。
診療後は市内で開業されている先生方もまじえてお食事に行きました。キューバの歯科治療のお話が興味深かったです。
とても勉強熱心で将来は日本で開業を目指す努力家な姿に刺激を受けました。また機会があればやまだ歯科医院に来てくださいね。


  副院長 梅谷 麻央












H29.3/12(日)セミナーに参加してきました。



先日セミナーに参加してきました。大阪大学大学院臨床教授の木ノ本喜史先生による「痛み」についての考え方をメインにご講演をいただきました。


歯科医院には「痛み」を抱えている患者さんが毎日のようにやって来られます。状態によっては痛みが続くこともあります。


「なぜ痛いのか?」


「痛みはどのように伝わって痛みとして認識するのか?」


「昨日は痛かったけど今日は痛くない」(⇐経験のある方も多いのでは・・?)よくある現象をエビデンスに基づいて解説して頂きました。


説明のしかたや痛みに対しての考え方に触れることができました。


今後も患者さんへの「わかりやすい説明」と痛みの軽減に役立てていきたいと思います。


         副院長












H29.3/11(土)「診療所看護師のための糖尿病~食事療法・薬物療法の知識」研修会に参加してきました。

皆さんこんにちわ

私は、3/11(土)医療法人 真貴会 池田医院 院長による

「診療所看護師のための糖尿病~食事療法・薬物療法の知識」がテーマの研修会に参加して参りました。


これは、診療所や小規模病院の看護師さん向けに大阪府医師会が主宰されたものです。

まずは糖尿病の診断基準が2012年に変更されHbA1c値が追加されたこと、判定区分と判定基準について、

また血糖コントロール目標について!!

治療目標は、年齢、罹病期間、臓器障害、低血糖の危険性、サポート体制などを考慮して個別に設定します。


次に、糖尿病の食事療法についてです。

食事療法の基本、適正エネルギー量の計算式、バランスの良い食事の取り方などの話があったのですが

個人的に「おおっ」と思ったのは血糖値を上げやすい食事の表を見た時です。










高脂肪食はゆるやかに血糖値を上げていき下がりにくいのです。

夜遅く食事を摂る、また食後のデザートや風呂上がりのアイスクリームなどは

朝の血糖値が上がり、また下げるのを邪魔するんです。

池田先生は20時以降はリスクが高いと言われていました。

それから、やはり1日3食よく咬んでゆっくりと野菜を先に食べ、炭水化物は最後がいいんですね。


池田先生のクリニックでは、食品交換表を利用し、栄養士さんが食事指導をされています。

血糖値のあげやすい食品、あげにくい食品を知り、上手な摂り方や量を把握します。

高齢者の方では、サルコペニア(筋肉量の減少)フレイル(加齢に伴う機能低下による要介護の予備軍状態)に

なりやすいので、低栄養にならないように十分なエネルギー量とたん白質をとり、適切な血糖コントロールをしていきます。


1日の適正カロリーを単位に変換

自分の適正カロリー ÷ 80㎉ =1日の指示単位



薬物治療においては、すぐにインスリンが必要かどうかを考え必要ならば病態に合わせた投薬となります。


食事療法・運動療法→血糖コントロールが不十分な場合→治療の増量または他剤との併用



糖尿病は合併症がこわい病気です。

自分は大丈夫と過信せず、毎日の食生活を見直し、改善点があればすぐ実行、体重と血圧の管理は大事だなと思いました。

わかっていてもできない人からできる人になっていきます!!






檜山DH




H29.2月 スタッフ誕生日

先日誕生日を迎えられたスタッフのお祝いをしました。

日にちが近かったので2人いっしょにお祝いしました。

“愛媛’s HAPPY BIRTHDAY”とかかれたモダンなケーキですよね。

お2人とも愛媛県のご出身なんだそうです。(おいしいみかんの差し入れをいつもありがとうございます(^^♪)

家庭のこともしながらやまだ歯科を支えてくださり毎日感謝しています^^

ろうそくも仲良くふう~~っ。おめでとうございます☆








H29.2/23(木) 福岡県博多のおがた小児歯科様を見学してきました!



★ 医療法人発達歯科会 おがた小児歯科医院様 ★

前理事長の緒方克也先生が37年前に開業されましたが、緒方先生は、現在は「社会福祉法人 Joy明日への息吹」の理事長をされ

緒方先生の思いを受け継ぎ、石倉行男先生が理事長をなさっています。


石倉先生は小児科専門医であり障がい者歯科指導員でいらっしゃいますので、歯科麻酔医の先生と共に日帰り全身麻酔治療等を

行っていらっしゃいます。

大学病院や医療センター等でなく、一般の歯科で全身麻酔治療を行っているのは、

保護者様にとっては、身近にそんな歯科があるのは非常に心強いことだと思います。


そして前理事長の緒方先生は、食事訓練と発達相談を行っていらっしゃいます。

見学当日は、全麻治療→食事訓練→言語訓練を見学させて頂き、非常に貴重な時間を過ごさせて頂きました。


食事訓練では8か月~1才~2才位までのお子さんはそれぞれ保護者様が持参したお弁当を食べ、

その様子を緒方先生とSTさんが指導するという様子でした。

ここでちょっとうれしかったのは、私がい今、アイオライトの児童に指導している食べ方が同じだった事、

高齢者の摂食えん下、トレーニングをヒントに始めたのですがよかった!!!

私の考えはまちがえてなかった!!と再認識できました。


そして最後にST岡松先生による言語訓練


・スリーヒントカルタ..おまわりさんが、台の上でふえをふいてます  や

女の子がうさぎをひっぱてます


〇〇が〇〇を は受信がむずかしいので先に受信をして次に発信してもらうなどを教わりました。


おがた歯科医院の皆様お忙しい中とてもとても親切に案内して頂き本当にありがとうございました。







博多駅すぐのおがた小児歯科医院さまです。

今日はよろしくお願いいたします!!






わかりやすい手作り絵カード★






やまだ歯科医院でも使えますねー★






なんばしとっと!博多と言えばもつ鍋たい!と言われそうですが...

市岡ニンニクがダメで...イヤ~ラーメンもやっぱりおいしいです(*^_^*)


院長いつもご当地グルメごちそうさまです♪


市岡






H29.3.7  第45回 定例勉強会

本日午前中を休診にさせて頂きミーティングと勉強会を行いましたので内容を一部紹介します。

①かぶせものをつけた後に起こり得ることについて

新しく歯が入ったことにより咬み合わせが変わり、違和感や痛い所がでてくることがあります。

どんな時にそのような症状が起こりやすいか、考察しました。


②全身疾患について

今回のテーマは「腎臓」

腎臓の機能についてまとめ、病気になるとどうなるのか?

また歯科とのかかわりについて勉強しました。

腎臓が弱ってしまうと体の免疫力が下がってしまい歯周病のリスクが増加します。

また水分のコントロールの役割を担う器官でもあるので口の中がが乾きやすくなることで虫歯の発生のリスクもあがってしまいます。

腎臓と歯科は関係ないように思われがちですが、全身と関わっているのですね。


わかりやすく解説して頂きました。

院長ありがとうございました。






本日午前中を休診にさせて頂きミーティングと勉強会を行いましたので内容を一部紹介します。

①かぶせものをつけた後に起こり得ることについて

新しく歯が入ったことにより咬み合わせが変わり、違和感や痛い所がでてくることがあります。

どんな時にそのような症状が起こりやすいか、考察しました。


②全身疾患について

今回のテーマは「腎臓」

腎臓の機能についてまとめ、病気になるとどうなるのか?

また歯科とのかかわりについて勉強しました。

腎臓が弱ってしまうと体の免疫力が下がってしまい歯周病のリスクが増加します。

また水分のコントロールの役割を担う器官でもあるので口の中がが乾きやすくなることで虫歯の発生のリスクもあがってしまいます。

腎臓と歯科は関係ないように思われがちですが、全身と関わっているのですね。


わかりやすく解説して頂きました。

院長ありがとうございました。






スタッフが退職します。

約1年働いてくれたスタッフが退職することになりました。

気配りができていつも丁寧に仕事をしてくれていました。とても寂しくなります(T_T)

プレゼントはリクエストがあった”春色先取り☆ピンクのひらひらスカート“を贈りました。

もう少し暖かくなったらはいてくれるそうです^^

新しい季節とともに、そのスカートをはいて新たな環境でもがんばって下さいね!!

でも時々やまだ歯科に手伝いに来てくれるとか・・・?(^^♪

いつでも待ってますね!!






H28.12/23 「神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション」セミナーを受けて参りました。

みなさん、こんにちわ。

私は去る2016.12.23”神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション”セミナーを受けて参りました。

理学療法士の先生によるセミナーです。

このセミナーを受講しようと思ったのは、違う分野の方々がどう考え、どう向き合っているのか

角度、視野をかえて、見てみたいと思ったからです。


まず、パーキンソン病とは...

主に40~50歳代以降に発症し、ゆっくり進行する原因不明の神経変性疾患です。

神経伝達物質のひとつであるドーパミンが減少することで起こると考えられています。

50~60歳代で発症することが多いのですが、時には40歳前に発症する方もいます。

一般的には遺伝する病気とは考えられていませんが、若い段階で発病した方の中には、遺伝子の異常がある方がいる事が解ってきています。


次に症状は...

手の震え(振戦)手足のこわばり(固縮)動作が緩慢(寡動・無動)転倒しやすくなる(姿勢反射障害)が代表的です。


また、片側から始まり、他の部分へ進行する特徴もあります。

その他、便秘、立ちくらみ、睡眠障害、抑うつなども認められます。


具体的には、じっとしている時に片側の手や足がふるえる表情が乏しく抑揚のない声になる、関節が硬く、引っかかりを持つ、

立ち姿が少し前かがみで歩き方が小刻みである、歩く際に手を振らない、歩き始めや途中ですくむ、また次の一歩がなかなか出ない、

すくんでも音や線をまたぐなどっをきっかけによくなる、身体がどちらかに傾く、よだれが多くなる、トイレが近くなる、

汗が多くなる、手足のむくみ、などの訴えがあります。


今回は理学療法士の立場から、歩行訓練の仕方、身体の支え方、きっかけの作り方や、ご本人が、どんな事に困り、

リハビリをどうするのか学習しました。


今までなら当たり前にできる事が、当たり前でなくなった。

ひとつの動作をするために、自分で前もって準備しなくてはいけない。

自分が思っている事と違う事をやってしまう。

自分では、できているという思ってやっているが客観的にみるとできていないなどを受けて


では、歯科衛生士として、口腔リハビリテーションに取り入れてみようと思ったことは...


・気付きを促す(できている事、いない事)

・準備状態を作る(声かけ、音楽を取り入れそれに合わせて、キューをいれる)

・視覚的に(鏡を見ながら)トレーニングする

・時間を決めてトレーニングする

・10円玉などを使い手指の巧緻性をみる(固縮しないように)

・記録をつける

・模倣にならないようにする(模倣の方がご本人にとってやりやすいので本来の機能評価ができにくい)

・定期的に評価、目標設定する



1日があっと言う間のセミナーでした。

これを機会にまた1段ステップアップしたなーと実感できるように日々努力.....!!



檜山







H29.2/21(火) 第44回 定例勉強会

本日の午前の診療を休診にさせて頂きミーティングと勉強会を行いました。

今月から研修がスタートしたフレッシュな女性の姿も…。

新しくできたアイオライト2軒目の運動療法の施設にみんなで見学に行ってきました。

大人もわくわくするような遊具がいっぱい☆

遊んでいるようで体幹を鍛える目的があるんですね。勉強になりました。

勉強会では3つのテーマを行いましたので一部紹介します。

①抜歯後感染について

歯を抜いた後の傷の治り具合は何をみたらいいか?どの位の間隔で消毒に来てもらうか?痛みや腫れなどがでる場合はどんなときか?などを解説して頂きました。

②入れ歯の型取りについて

入れ歯を作るにはまずお口の中の型をとります。それをもとに模型を作って入れ歯の作製をすすめていくのですが、最初の型取りによって、完成した入れ歯の適合具合に影響があります。模型と口の中の状態が同じかどうかの確認が必須なんですね。

③歯の違和感を体調によってかんじることがある・・・症例について

新しく入れ歯を作ってお食事をしていくうちに歯に違和感がでることがあります。それがかみ合わせによるものか、歯自体が弱ってしまっていたことで症状がでたのか、診断を立てるために何をするか?考察しました。


院長ありがとうございました。春に向けてスタッフ一同パワーアップしていきます。








H29.2/15(水) 堺市重度障害者歯科診療所に見学に行ってきました。

先日、堺市にある”堺市重度障害者歯科診療所”に見学に行ってきました。

こちらは障害のある方で、一般の歯科診療所での治療が困難な方々を診療するための診療所です。

大阪大学時代にお世話になった先生が、麻酔の考え方、知識、注意点、障碍者治療に対する考え方を

御教示頂きました。本当にありがとうございました!

また、麻酔医、障害者歯科専門医、看護士、歯科衛生士が連携をとり、取り組む姿勢に感銘を受けました!!

少しでも、日常の診療に役立てていきたいと思います。


www.sakai-da.or.jp/plaza.html


理事長






H29.2/5(日) ウィリング横浜にて「障害児者の摂食・嚥下リハビリテーション」セミナーを受けてまいりました。



訪問歯科と放課後デイの仕事に係わるようになり、食べる事が大変な方、食べる前に準備が必要な方、食べられない方、

そんな方々にしかもコミュニケーションがうまくとれない方にどうしてあげたら良いのか、具体的に知りたい、また

今の指導法やトレーニングが個々にあったものになっているのか判断したいと思いました。


今回のセミナーでは子供の発達の基礎から評価・診断・指導訓練と症状を混じえながらの勉強となりました。


障害をもつ子供さんはトレーニングを始める時期や内容など重要なポイントとなり、見守ること、くり返すこと、

評価すること、楽しく過ごすことが大切だと感じました。言葉でのやりとりができなくてもコミュニケーションを

とることはできるんだとも思いました。


また思い込みや先入観にとらわれず、柔軟な姿勢で接することが出来る人でありたいと思いました。


全ての人に”いつも楽しくおいしく食事ができる”を目標にこれからも頑張っていきます。


檜山DH








H29.1.31   第43回 定例勉強会

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

今日は午前を休診させて頂きミーティングと勉強会を行いましたので内容を一部アップします。

新しく研修をスタートしたフレッシュな女性の姿も・・・。


①「こんな入れ歯を作ってほしい」強い希望がある患者さんについて

→どうすれば満足のいくものができるか、技工士さんの意見や提案を取り入れて作成していきます。

②「入れ歯を作ったけど合わない…」患者さんについて

→合わない原因を考える⇒なぜ合わないか?作っていくどの段階が重要かを考察しました。

③子どもの抜歯で気をつけることについて

→どんな状態の歯が難しい抜歯になるのか、抜く前の予想の立て方について学びました。

④根っこの治療が終わったのになぜイタイ??

→痛みにはさまざまな原因があります。痛みの原因を予測してわかりやすい説明を実践していきます。


院長ありがとうございました。新しい1年を糧のあるものとしていきます。








H29.1/26(木) すみすみ特別研修

今回は「実施指導対策セミナー」というお題で東京から、小澤信朗行政書士がいらっしゃいました。


タイトルからおわかりいただいたように今回は支援セミナーではなく、対行政セミナーなので、

管理者 市岡、松江で参加して参りました。

「実施指導対策セミナー」とありましたが、9割は平成29年以降の報酬改良に備えた対応についての話でした。


「特にすべての指導員→資格か実務経験を証明する必要がある」という事を取り上げてました。


ほんと.....行政って.....(*_*)


市岡








新版K式発達検査

1/21(土)、22(日)、23(月)、24(火)で新版K式発達検査講習会を受けてきました!

全国(本当に沖縄の方や、北海道の方)のST、スクールワーカー、臨床心理士、学校教諭、保育士、指導員etc

これから検査する立場の方、支援の手立てにとりいれようとする方、すでに検査をされている方が参加されていました。


もちろん私はアイオライトの児童の支援に活かしたくて受講しました。

去年1月に申し込んでやっとまわってきましたが、長い方は2年待ってたそうです。


内容は非常に!非常に充実していましたー!!

3日間びっちり講義、4日目保育園実習

とてもK式をわかりやすく解説、実践のための細かい指導をして頂き、

そして保育園の協力のもと、園児の検査実習を行いました。


センターはなぜか住宅街にポツンとあって(すごい山の中)、まわりに自販機もコンビニもない

そしてセンターまでの急な坂道...

雪大丈夫か?今日帰れる?雪降るなよ~降るなよ~と祈りつつ無事4日間を終えました。


さっそくアイオライトでも検査を取り入れ、児童や保護者様に、より的確な支援やアドバイスが行えるようにしていきます!!








伏見桃山駅前の鳥居です。

雪降っています~~(*_*)








京都国際社会福祉センター

なぜ住宅の中に教会?!と思わず思いました。

市岡