先日受講したセミナーにて、、私の全身のウロコが落ちましたよ〰!

とは言っても私は魚ではありませんが💦

皆さんが良く知る日本人の三大死因と言えば、悪性新生物、心疾患、昔はここで肺炎でしたが今は老衰なんだそうです。

じゃあ「肺炎は減ったんやー!ワクチンも有るし効果抜群やし!」と思いたい所では有りますが、肺炎と誤嚥性肺炎を分けているが為の結果で、足すとやっぱり多いのでした。

し、か、も、肺炎起因菌で最も多かったのが、口腔内常在菌なのでした。

歯が有ろうと無かろうと、口腔ケアをしっかり行うと、肺炎リスクは減ると言うことなんですね。

ワクチン打つよりも先ず口腔ケアをしてください。

 

さて、話はそこに留まらず講師の先生の専門分野である摂食嚥下へと!

先生曰く、教科書が全てではない、目の前の患者様の今だけでなくその先を診なくてはいけない事、またその根本を理解した上で取り組むべきと話されました。

例えば、オーラルディアドコキネシス。

これは、何回言えたのか回数を評価するのですが、根本は脳幹に問題がある事を解る事なんですね。

その他シャキア法。またはそれに準ずる方法。

これは、舌骨上筋群のトレーニングですが、甲状軟骨の運動を良くすると解釈していましたが、食道開口部を拡げて飲食物が通りやすくする運動であるとわかりました。

 

只、今までやって来たことは決して無駄ではなく、それを踏まえて更に考えを深めて欲しいとの事でした。

歯科分野である私達は、口腔ケア、摂食嚥下が専門分野です。

栄養のこと、運動のこと等各専門職が居るのだから、そちらはお任せして一人で抱え込まない様にとアドバイスを頂戴しました。

現在、食支援マップを他市ではありますが作製中なので、それをどんどん拡げて行き、活用の場を拡げ他の専門職の方々と共に活動を!と思う所です。

 

訪問部 檜山

 IMG_0989IMG_0990